『少女期の終わり』




一日ごとに変化してゆく

ココロとカラダ





ついてゆけずにとまどってばかりの

わたし自身





昨日まで楽々飛び越えられたはずの

何かにつまづいて

痛みに涙がこぼれる





それは

カラダの痛みではなく





もはや失われてしまった

何かが

わたしの中ですすり泣いている





鈍い痛みは

消えることもなくて

















――これが、オトナになるということ?――

















とりかえすことの不可能な

何かが

壊されてしまった





そしてわたしは

少女からオトナになってゆく

















夢乃’s THEATERへ戻る

【お買い物なら楽天市場!】 【話題の商品がなんでも揃う!】 【無料掲示板&ブログ】 【レンタルサーバー】
【AT-LINK 専用サーバ・サービス】 【ディックの30日間無利息キャッシング】 【1日5分の英会話】